Just another WordPress site

運が開ける会話を知りたい

運が開ける会話

スポンサードリンク

運が開ける会話術を身につけるには、他の人とは違うという印象を相手に与える必要があります。同じ内容の話をしていても他の人とは違うと思わせるのです。

その為に意識したいこと、それは言葉の選び方。会話をしていて相手の質問に対しすぐに頭に浮かぶ言葉や文章は、恐らく他の人の口からも出てくる類いのものでしょう。そこで頭を働かせて、言っていることは同じでも違う言葉や言い回しを駆使し、相手に伝えるのです。そうすると相手はもっと他の人とは違う言葉や文章が聞きたくなり、会話が自然と弾むはずです。

ただ、捻り過ぎて伝わりにくい言葉は避けなければなりません。普段の生活からそのことを意識することで自然と会話術は向上するはずです。「自分だったらこう表現する」と考えるクセをつけておきましょう。

運が開ける会話術

運が開ける会話術を持っている人は話すのが上手い人であると決めつけていないでしょうか。もちろん話すのが上手いことは重要ですが、それと同じくらい、聞くのが上手い人でもあるのです。

相手の話をよく聞き、何を伝えたいのか、どんな答えを求めているのかを瞬時に導き出せる人は優れた会話術を持っていると言えます。会話が上手いと思われたければまず相手の話に耳を傾けるようにしましょう。そして相手の気持ちになってその言葉を解析し、自分の口から出る言葉を慎重に選び出します。

これは会話が一方通行ではなく、話し手と聞き手の2者、あるいはそれ以上の数の人で成り立っていることが理由です。落語でもなければ漫談でもない、会話なわけですから、自分の価値観を押し付けるのではなく、相手の価値観を柔軟に消化していくことで運が開ける会話術を身につけることができるのです。




スポンサーリンク





関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

アーカイブ